Blog

[Android] MaterialCardView を使って画像を角丸表示する

ImageViewに一枚MaterialCardViewのレイヤーを被せてやるイメージです。またMterialCardViewはFrameLayoutを継承しているため、画像の親要素がFrameLayoutだった場合、
基本的にはそれをMaterialCardViewに変更するだけで対応できます。

[iOS] ‘weak’ cannot be applied to a property declaration in a protocol というエラーがあった場合の対応

結論から言うと、Protocol での記述は weak は特に気にしなくてよさそうです。Protocol は weak だろうが strong だろうが宣言できるが、実クラスではそれに従う必要はないため、混乱を招いてしまう。そのため、そもそもProtocol ではそれらの宣言をできないようにするべきだ、ということのようです。

振る舞い駆動開発(Behavior-Driven Development)とは

僕のイメージとしては「テストファイルに仕様を書いていく」「つまり、テストファイルを読めばコードやシステムの外部仕様が理解できる」ということを目指している開発手法、と捉えています。

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。


Follow My Blog

Get new content delivered directly to your inbox.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。