[iOS] UIViewController の中に UICollectionView を貼り付ける

前説

UIViewController の中に UIViewController を貼り付けたいことはままあると思います。
めちゃくちゃ初歩的ですが、割と細かいやり方を忘れたりするので、
テンプレートとしてこちらに残しておこうと思います。

本ポストに書いているようにStoryboard を設定し、四分割したコードをコピペすれば動くかと思います。

Stroryboard に貼っていく

UIViewController をドラッグ&ドロップして配置し、
その中に UICollectionView (UICollectionViewController ではない)を貼り付けます。

以下画像のような感じ。
CollectionView の制約は、親であるUIViewController の領域いっぱいいっぱいにしています。

UIViewController の中に UICollectionView を貼り付け

また、UIViewController は SampleViewController というクラス名とするので、
右パネルのCustom Class にそのように設定します。

Custom Class nににCustom Class に SampleViewController と設定

あとはコードを書いていきます。
以下4つに分けて書いていきます。

  1. CollectionView を使うための準備
  2. UICollectionViewDataSource
  3. UICollectionViewDelegate
  4. UICollectionViewDelegateFlowLayout

CollectionView を使うための準備

import UIKit

class SampleViewController: UIViewController {
    @IBOutlet weak var collectionView: UICollectionView
    private static let cellIdentifier = "cellIdentifier"
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        collectionView.dataSource = self
        collectionView.delegate = self
        
        collectionView.register(
            UICollectionViewCell.self,
            forCellWithReuseIdentifier: type(of: self).cellIdentifier
        )   
    }   
} 

@IBOutlet weak var collectionView: UICollectionView は Storyboard の UICollectionView と接続しているので忘れずに。
delegate のセットは見たままです。
register(_:forCellWithReuseIdentifier:) はUICollectionView で利用するセルを登録します。
(今回はサンプルなので、素のUICollectionViewCell を登録しています)

UICollectionViewDataSource

ここでは読んで字の如く、CollectionView のデータソースを定義します。

extension SampleViewController: UICollectionViewDataSource {
    func numberOfSections(in collectionView: UICollectionView) -> Int {
        return 1
    } 
    
    func collectionView(_ collectionView: UICollectionView, numberOfItemsInSection section: Int) -> Int {
        return 10
    }
    
    func collectionView(_ collectionView: UICollectionView, cellForItemAt indexPath: IndexPath) -> UICollectionViewCell {
        let cell = collectionView.dequeueReusableCell(
            withReuseIdentifier: type(of: self).cellIdentifier,
            for: indexPath
        )
        
        cell.backgroundColor = .blue
        return cell
    }
} 

numberOfSections(in:) でセクションの数を、collectionView:numberOfItemsInSection: で各セクション中のアイテムの数を定義します。

collectionView(_:cellForItemAt:) でどのようなセルを返すか定義します。
dequeueReusableCell(withReuseIdentifier:for:)withReuseIdentifier の値には register(_:forCellWithReuseIdentifier:) で指定したReusableIdentifier を設定します。

UICollectionViewDelegate

CollectionView でユーザーからのアクションがあったときなどに呼ばれるデリゲートメソッドを定義します。

extension SampleViewController: UICollectionViewDelegate {
    func collectionView(_ collectionView: UICollectionView, didSelectItemAt indexPath: IndexPath) {
        print("selected \(indexPath.item)")
    }
    
    func scrollViewWillBeginDragging(_ scrollView: UIScrollView) {
        print("start scrolling")
    }
    
    func scrollViewDidScroll(_ scrollView: UIScrollView) {
        print("scrolling")
    }
    
    func scrollViewDidEndDecelerating(_ scrollView: UIScrollView) {
        print("end scrolling")
    }
} 

collectionView(_:didSelectItemAt:) はセルがタップされるときに呼ばれるメソッド。

scrollViewWillBeginDragging(_:)scrollViewDidScroll(_:)scrollViewDidEndDecelerating(_:) はそれぞれ以下のタイミングで呼ばれます。
CollectionView のスクロールが始まったとき、スクロールしている最中、スクロールの慣性がなくなって止まったとき。

UICollectionViewDelegateFlowLayout

CollectionView のレイアウトを定義します。
ちなみにこのプロトコルは上述の UICollectionViewDelegate を継承しています。

extension SampleViewController: UICollectionViewDelegateFlowLayout {
    func collectionView(_ collectionView: UICollectionView, layout collectionViewLayout: UICollectionViewLayout, sizeForItemAt indexPath: IndexPath) -> CGSize {
        return CGSize(
            width: collectionView.bounds.size.width,
            height: 100
        )
    }
} 

ここではセルのサイズとして、横幅いっぱい、高さ100で定義しています。

最後に

冒頭で書いた通り、Storyboard を設定して四分割したコードをコピペすれば動くかと思います!
(IBOutlet の接続は忘れずに)

分割して書き出しただけでも考えも整理された気がしました。
以上です。お疲れ様でした!

[iOS] UIViewController の中に UICollectionView を貼り付ける」に3件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。