振る舞い駆動開発(Behavior-Driven Development)とは

僕のイメージとしては「テストファイルに仕様を書いていく」「つまり、テストファイルを読めばコードやシステムの外部仕様が理解できる」ということを目指している開発手法、と捉えています。